usuwa.png

 

Designer of utsuwa no shigoto

Naoko Murakami

http://utsuwalog.exblog.jp/

 
プロフィール作陶風景.jpg

 

Q1. What made you decide to establish your own brand?
    ブランド設立のきっかけは何ですか?

 

Things that lets me enjoy the time and space with relaxation and coziness. In daily life, things that can change my values and conscious.
One day, I realized that I came to like finding little pleasures.
For me, one of the pleasures is clay tablewares.
Using the japanese traditional material and tecnique, I wanted to introduce my original tablewares as a ceramic artist.

くつろぎや快適さをもって時間や空間を楽しむもの。何気ない生活の中で価値観や意識を少しずつ変えて行けるもの。
いつの頃かいつもの暮らしの中に、ちょっとした素敵をみつけることが好きになりました。
その素敵の中のひとつに、土の器があります。日本の伝統文化の持つ繊細な素材、技法を生かし、
ものづくり、陶芸を通して多くの方にオリジナルの器を発信し続けられるといいなあ、と思ったのがきっかけです。

 

白い棚横.jpg

Q2. Please describe your production process.
    商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

 

The clay that is used to make the products are red clay.
Jiggering, bisque firing, glazing, then finally actual firing. The glaze is soil ash and the original blending method is used.
The temperature of the fire is low, producing the cracking texture on the surface.
The reason why each pieces has different cracking and colors is because they are all fired at different spots in the kiln.
Tablewares in clay change their impression over time, depending on how you use it .

使っている土は荒めの赤土です。型、ロクロ成形→素焼き→施釉→本焼き での行程になります。釉薬は土灰釉で、オリジナルの調合をしています。温度は低めで、表面にヒビがはいったようなぱりぱりの表情を出しています。
ひとつひとつヒビの入り方や、色が違うのは窯の中の焼く場所が違うためです。
土ものの器は使い込むうちに色んな色に変化していく、使う方によって育てたれ完成する器です。

 

Q3. What made you interested in NY market?
    ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

 

I am based in Shigaraki, Shiga prefecture.
In NY, the center of designing. Consumers know the background of the creators.
I thought this is a great opportunity to introduce my products to more people in the world from NY market.
Throught the ARCADE JAPAN, I hope to expand the possibilities to introduce my works.

奈良から近江へ抜ける里山、信楽を拠点に自作の器を制作しております。ネット販売や、日本国内販売だけではなく、使い手が作り手の背景も知りながらモノを提案でき、なおかつ器の魅力を世界デザインの中心でもある、ニューヨーク市場からより多くの人々に発信できるよい機会になると思いました。
the ARCADE JAPANでの集いを通して作品発表の場としてさらにあたらしい可能性を広げられることができると幸いです。

 

 Pao

Pao

 

 

Q4. Which one is your favorite piece? And why?
    イチオシはどの商品ですか?又その理由は?

 

Black Pao & Yuposu'.
Pao has a round shape. I named it Pao (meaning 'to wrap') because I imagined it will be wrapped by both hands when drinking tea, coffee, matcha au lait, and hot cappcchino...  It's used at cafes in Japan.
Because it's something you use everyday, you care about it to enjoy cooking and living more.
This is the original piece of utsuwa no shigoto.

「黒パオ&ユーポス」パオはコロンとまあるい形をしています。お茶やコーヒーなどを飲む時に、両手で包むような姿を想像して『包む』パオという名前にしました。抹茶オーレなどに、あたたかいカプチーノ,,。日本のカフェなどでも使っている器です。
毎日使う器だから、お料理や暮らしをもっと楽しみたいと思っている方に、器のしごとオリジナル、ワンランク上のアイテムです。

 

 

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

 

Tableware of Shigaraki, that you can use freely and love in your daily life.
What food will you place on? How will you decorate the cooking?
I hope my works will give you an opportunity to enjoy the tableware coordination with free imagination.

暮らしの中で気軽に使って愛でる事ができる信楽のうつわ
どんなお料理を盛ってどんな風にかざるのか、どんな風に使うのか、普段に使える事はもちろん、
本来の用途にとらわれない、縛られない自由な発想で、器コーディネートを想像し愉しんでほしいです。

 

 

 

 

 

interview & text by Yusuke Yamauchi