toricote.png

 

 

Designers of TRICOTÉ

Keiko Ochiai (L), Hayato Uotani (R)

https://tricote.net/

 
designer photo.jpg

 

 

Q1. What made you decide to establish your own brand?
    ブランド設立のきっかけは何ですか?

 

"Bringing the warmth of knit more int our daily lives"
Based on this thought, we started our brand TRICOTÉ in 2011.
Our products range from apparel items to interior items.
We produce items that other brands cannot create; we create our original knit fabrics and textile designs.
All our products are made in Japan.

「ニットの温かさをもっと日常に」 そんな想いからTRICOTÉは2011年にブランドをスタートさせました。世の中にもっとニットのものがあったらという気持ちのもと、アパレルからインテリアアイテムまで、他社では出来ないアイテムを作りニットの生地開発からテキスタイルデザインまで、オリジナルのものづくりにこだわり、全てのアイテムを国内で生産しています。

 

main.jpg

Q2. Please describe your production process.
    商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

The procesure is first designing, second semi-assembling patterns and forms, and lastly, sending request of samples to factory.
It all depends on how the item is made; mechanically made or handmade.

商品は、デザインを起こし、柄や形などを仮組みし、工場にサンプル依頼をする流れで出来ています。機械で作るもの、手作業で作るものなどアイテムによってバラバラです。

 

Q3. What made you interested in NY market?
    ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

 

A lot of travelers from overseas purchase our products, so we became interested to start entering market in overseas.

今、販売しているお店のお客様の中に欧米の方や海外の方も非常に多いので、より海外に視野を向けて販売したいという気持ちがあったからです。

Q4. Which one is your favorite piece? And why?
    イチオシはどの商品ですか?又その理由は?

 

Pinapple Rubber Bag.
You will find the concave and convex impression of the material and elasticity of the fabric that you cannot feel unless you actually touch it.

TR53BG032(パイナップルゴムバック)がイチオシです。素材の凹凸感や生地の伸縮性など手に取らないとわからない面白さがあるので、インパクトもあります。

 

 

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

 

It is our very first time to sell our products in NY, so everyting will be new to you.
We carefully choose materials, and we use a tecnique that only works on knit fabrics.
Please touch our products and feel the texture.

NYでの販売は初めてなので、新鮮なアイテムばかりだと思います。素材にもこだわりニットでしか出来ない技術を取り入れています。ぜひ手にとって触って感じてみてください。

 

 

 

 

interview & text Yusuke Yamauchi