tenp.png

 

 

Designer of TENP

Toshiyuki Fukuda

www.tenp10.com

 
fukuda.jpg

 

Q1. What made you decide to establish your own brand?
    ブランド設立のきっかけは何ですか?

Toshiyuki Fukuda, an illustrator and the designer of TENP, wanted to make his works into products that are more familiar to our life, so he started the brand. Products of TENP are used and possessed for a long time. We think that it is one of the attractions of TENP.

十布のデザイナーでもあるイラストレーターの福田利之が、自分の作品をより生活に密着したプロダクトに落とし込みたくて始めました。布プロダクトは長く使われ続けるというところにも魅力を感じています。

 

 

R0017369.JPG

 

Q2. Please describe your production process.
    商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

While discussing with the team, Toshiyuki finds new textiles. Our criteria are, if they really seem TENP, if they are really going to be loved, if they really reflect the design of Toshiyuki.

福田を中心にスタッフが会議をしながら、新しいテキスタイルを探してきています。
それは十布らしいか、それは本当に愛されるのか、それは福田のデザインが生きるのか、が基準になっています。

 

Q3. What made you interested in NY market?
    ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

We wanted people overseas to know the Japanese technique like the Sashiko in Fukushima (the traditional quilting technique).

福島の刺子織など日本の技術を海外の方にも知っていただきたいと思ったためです。

 

 

m-6898.jpg

 

 

Q4. Which one is your favorite piece? And why?
    イチオシはどの商品ですか?又その理由は?

The Sahiko in Fukushima series. We want to introduce to a lot of people our products that are created through collaborating with illustrators.

福島の刺子織です。日本の伝統的な技術を伝える職人さんと、イラストレーターのコラボレーションによってつくられたプロダクトをたくさんの人に知ってもらいたいと思ってます。

 

 

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

We named TENP with a meaning of 'a lot of cloth' (in Japanese, 'Pu' means cloth). While ulitizing the characteristics and texture of cloth, cherishing the experiences and techniques of craftsmans, and learning on our own, we make our products. Cloth products are easy to use in daily lives, so we want to deliver products that will be loved for a long time.

「十布 (テンプ)」という名前は「たくさんの布」という意味合いを込めて付けています。
布自体が持っている特徴や風合い、職人さんの経験や技術などを大切にしながら、それらの作り方を自分たちでも勉強をしてプロダクトづくりをしています。
布のプロダクトは毎日の生活の中に溶け込みやすく使い手に寄り添うことができるので、長く愛されるプロダクトを届けたいと思っています。

 

 

 

interview & text by Yusuke Yamauchi