logo_Patriqo_02.jpg
 

Designer of Patrico

Kayoko Ishihara

patriqo.jp/


patriqo_04.jpg

Q1. What does your brand name mean?
 ブランド名の由来は何ですか?

Our bow tie brand was established by Designer Kayo a.k.a.QMZ and hair make artist Kokura Patrick Takehiro. Patriqo is made up word which means falling in love with Patrick.

デザイナーKayo a.k.a QMZと、ヘアメイクアーティスト小倉パトリック毅寛 (Kokura Patrick Takehiro) の2人によって設立された蝶ネクタイブランド。Patrickの虜になるという意味の造語でPatriqo (パトリコ) と名付けました。

patriqo_02.jpg

Q2. Please describe your production process.
 商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

●  "casual series"
     After I get the fabric with several materials, design my idea and start sewing.

● "dress series"
    I get some used ties and take a part of them. After washing it, I think about the combination with a new fabric and design my idea. Then, I start sewing.

● "wood series"
  I design my idea on Illustrator. Then, it goes to laser processing at a factory.Finally, I add a leather with Patrico sign to a bow shaped wood.

●「カジュアルシリーズ」さまざまな素材の生地を買い付けし、デザイン画を起こした後、縫製をしています。
●「ドレスシリーズ」ユーズドネクタイを買い付けし、解体、洗浄後、新しい生地との組み合わせを考え、デザインし縫製をしています。
●「木製シリーズ」Illustratorでデザインをし、工場にてレーザー加工をします。仕上がったリボン型の木に、1つずつPatriqoの焼印をしたレザーを縫い付けています。

Q3. How do you come up with new design ideas?
  新しいアイディアはどのように思いつきますか?

I come up with idea from street fashion and when I see the materials at an art supply store or a fabric store.
街行く人のファッションを見たり、画材屋、生地屋で素材を見てインスピレーションを受けることが多いです。

patriqo_03.jpg
patriqo_05.jpg

Q4. What is the greatness of bow ties?
 蝶ネクタイのの魅力は何ですか?

The bow ties can make you fashionable and happy even if you wear the same outfit like usual. Also, you can use our bowtie as a brooch. I believe all generations can enjoy it.

普段と変わらないコーディネイトでも、蝶ネクタイを付けるだけで、ちょっとオシャレに見えたり、その日の気分が楽しくなります。また、Patriqoは蝶ネクタイとしてはもちろん、ピン式になっているので、ブローチとしてご使用いただけます。老若男女問わず、楽しめるファッションアイテムです。


Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
  最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

Each bow tie was carefully made manually. I hope you like it.
1つずつ丁寧に手作業で仕上げた蝶ネクタイです。是非、手に取ってもらえると嬉しいです。



Interview & text by Moeka Nakamura