logo.png

Designer of 16 (Jyu-roku)

Hiromi Sato

http://ju-roku.jp/

 
 
 Hiromi Sato, Designer of 16

Hiromi Sato, Designer of 16

 

Q1. What made you decide to establish your own brand?
    ブランド設立のきっかけは何ですか?

 

I used to work in interior design industry before. I didn’t just want to do something I was asked to do. I wanted to work where I can introduce my own ideas to others.

インテリアに携わる仕事をしていた時、依頼を受けたものを作るのではなく、自分が考えてるものをそのまま発信することができる仕事をしたいと考えたのがきっかけです。

 

 

Q2. Please describe your production process.
    商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

 

I first cut the thin solid wood into different sizes. Then, I combine those pieces into one.
薄くスライスされた無垢材を立体化できるように様々な大きさ形にカットし、立体になるよう組み立てていきます。

 

 

Q3. What made you interested in NY market?
    ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

 

I always wanted to try overseas market, especially New York. I am really interested in how New Yorkers will perceive my jewelries.
もともと海外で販売をしてみたいと思っていましたし、特にNYの方がどのような反応をされるかに興味があります。

 

3.JPG

Q4. Why did you decide to use wooden material for your jewelries?
    アクセサリー制作において、木材を使おうと思ったのは何故ですか?

Wood is one of the most familiart materials. I thought, with wood, I can make jewelries by myself. Unlike the usual wood jewelries that look too traditional, I wanted to make jewelries that no one has ever created before.

木材は身近な素材でしたし、この素材なら誰にも習わず自分で加工できると思いました。
また従来の木のアクセサリーのような民芸感がでないよう気を付け、誰もやっていない新しい木のアクセサリーを作りたいと考えました。

 

 

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

I use wood as base and other materials to express the sense of between warm and cold, cute and cool. I recommend you to try on  the bangles, they are very light. I hope a lot of people will try on my jewelries.

木に異素材を組み合わせ、温かさと冷たさ、可愛さとカッコよさの間を心がけてデザインしています。
特にバングルは軽い素材ならではのアイテムとなってます。是非たくさんの方々に直接手に取ってご覧いただきたいです。

 

 

 

Interview & test by Yusuke Yamauchi