Nolism_logo.png
 

Designer of Nolism

KAORI HAYAKAWA

nolism.com/

 
nolism_photo (3)のコピー.jpg
nolism_photo (2).jpg

Q1. What does your brand name mean?
 ブランド名の由来は何ですか?

"Nolism" is created from "Noel" in French. Although, there are not so many Christian in Japan, people celebrate Christmas. If you ask people why they celebrate Christmas in Japan, some people will answer like "Because it is Christmas".
Maybe because Japanese like festivals. It might not the original meaning but I feel the great power of Christmas which makes people happy.
Like Japanese Christmas, I would like to give people happiness and smiles through my productions.

「Nolism / ノリズム」は仏語の「Noel」を元にした造語です。
キリスト教徒の少ない日本でも、クリスマスは盛大に祝われます。日本でクリスマスを祝う理由に多くの人は「クリスマスだから」と答えるでしょう。
それは日本人のお祭り好きの精神に寄る部分もあるかと思いますが、本来の意味を外れながらも、人々の心を華やかに彩るクリスマスに大きなパワーを感じました。
そんな日本のクリスマスが、ただそれだけで、まるで魔法のように、人々の心に喜びをもたらすように、商品の魅力で笑顔と喜びを提供したいという想いを込めています。

 KAORI HAYAKAWA, Designer

KAORI HAYAKAWA, Designer

Q2. Please describe your production process.
 商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

After I design, I handmade everything. Then, after three processes of firing pottery (biscuit firing, glost firing, and gold glazing), It becomes a part of the motif.
Sometimes I use a mold but I also make it by myself.
The three processes of firing pottery takes more than a week because it is done with extremely high temperature (1382℉ - 2282℉).
Also, since the parts are small, It takes time to make the shape and needs to be made a lot  at the same time. And it takes 1 - 2 months to be done.
After that, I add a metal part to the pottery part and it becomes a jewelry.

デザインを考えた後、全て手作業で成形し、素焼・本焼・金彩の3度の焼成を経て陶磁器のモチーフ部分を作成します。成形時に型を使うこともありますが、使う型も全て自身で作成しています。
焼成は750~1250度の非常に高温で行う為、3度の焼成だけでも1週間以上時間をかけます。
また、パーツが細かく小さい為に、成形に手間がかかること・一度にたくさんの数を作る必要があることで陶磁器パーツを作り始めて焼きあがるまでに1~2ケ月かかることも多くあります。
そうして完成した陶磁器パーツに金具を付ける等の加工を施してジュエリーとして完成します。

Q3. What is the most important thing when you create your artworks?
  作品の製作過程で最も大切にしていることは何ですか?

It is important to make them carefully and keep the great quality. Also, I take a lot of time to design each items and really care about it.
For design, the color is important so I design to make the color looks good. In addition, I want the customers to use it for a long time and feel the warmth, the simplicity, and the durability as a production.

一つ一つの作業を丁寧に行い、完成度の高い造形をすることはもちろんですが、
1つのアイテムのデザインを考えるときが一番時間も掛けるし、気を使っています。
ヤキモノの色味を大切にしているので、特にその美しい色彩を十分に引き出したデザインであることを心がけていますが、他にも、流行に消費されず長く愛用できること、手わざの温かみ・素朴さを残しつつ、洗練さを感じられること、製品としての耐久性がきちんとあること等を大切にしています。

nolism_photo (4).JPG
nolism_photo (5).JPG

Q4. Why do you focus on using pottery?
 ヤキモノを中心に使う理由は何ですか?

I met pottery when I was a art school student. I really like the characteristic and the colors.Then, I started using pottery.
Especially, I liked the beauty and richness of the colors and I was thinking if I could use it for more, I could put them on jewelries.

美術学生時代に陶芸に出会い、その特性や色味に魅了されてヤキモノを扱い始めました。
特に色味の美しさや豊かさに魅力を感じたために、器以上にヤキモノの色彩を生かせるものが作れないかを考えた結果ジュエリーブランドを立ち上げるのに至りました。
今は「流行に消費されないモノづくりをする」という上で、「何千年もの間、品質の劣化が少ない陶磁器」という素材は非常に相性の良いものだと感じています。


Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
  最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

I used pottery which are around in our daily life as a material and made it to the jewelries with Japanese design and handwork. I hope you enjoy the complicated color and the unique pattern.

日々の生活の中で身近な「ヤキモノ」という素材を、日本らしい繊細なデザインと手仕事でジュエリーにした作品ばかりです。
是非、複雑な色味や独特の模様の美しさを楽しんでください。




Interview & text by Moeka Nakamura