nikori_logo.png

 

 

 

Designer of nikori

Midori Hasegawa

 https://nikori-official.com/

 
 
 Midori Hasegawa, designer of nikori

Midori Hasegawa, designer of nikori

Q1. What made you decide to establish your own brand?
    ブランド設立のきっかけは何ですか?

Everybody goes through failures and struggles in life. That was exactly the time when I started making jewelry, and it was a turning point of my life. I believethat there must be many people who are in tough situations in the world. Like Nikori has made my life happier, I wanted to give NikoriI (meaning "smile" in Japanese) in people's lives. This is why I established Nikori.

生きていると誰しも躓き、迷う時期が必ずあると思います。私がアクセサリーを創り始めた時は正しくその時期で、そのことをきっかけに私の人生は変わりました。きっと世の中はこんな人も沢山いるだろう。私がそうだったように、nikoriの商品が、今自分が悩んでることや、困ってることを忘れることができる、変わることができる…楽しんで(笑って)もらえたら…そう想ってnikori=smileと言うブランドを立ち上げました。

 

 

3.JPG

Q2. Please describe your production process.
      商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

◎shippou→ I usually start off with picking up jewelry parts and fittings that go well with the design. Then, I weld them and add a electroless nickel plating. I choose parts from jewelry shops or my stock rather than making new parts, and put together to match the design. After that, I use a method of making enamelware called cloisonne.  The outcome really depends on the temperature of the kettle (idealy 800℃〜1000℃), the humidity, and the amount of enamel. We put time and efforts to make brilliant cloisonne products that have been cherished in the long history of Japan.
◎ohana→ I use freshwater pearls and string pearls on the small tray with smale holes called shower table. I use leather as a lining to make it comfortably worn on skin and anti-metal allergy jewelry.
◎cubic→ Like shippou, I buy leather from other shops or choose from my stock rather than making new part. Then, I cut the part , wrap it with a special cover and squeeze into a mold.

◎shippou→デザインに合った金具、パーツ選びを経て、溶接加工し、その後デザインに合わせてニッケルフリーでメッキを施します。パーツはあえてデザインに合わせて製作するのではなく、「今あるもの」の中、それがデットストックであったり、普通に流通しているものであったり、その中から上手く組み合わせて使っています。「七宝焼」は銅板の裏に裏地となる釉薬を乗せて焼き、表にも下地となる釉薬を乗せて焼きます。そこで初めて色となる釉薬を乗せて焼く作業を2~3回繰り返します。窯の温度は800~1000度近くあり、その時の湿度や温度、釉薬の分量によって焼き上がりに違いが出ます。沢山の作業を経て出来上がった商品は、天然石にも劣る事のない日本古来から伝わる七宝焼の素晴らしい艶と輝きを放ちます。
◎ohana→天然の淡水パールを使用し、シャワー台と言われる穴の開いた台に1つ1つ丁寧に編み込みます。裏地は人の肌に直接触れるのであえて肌に違和感が少ないレザーを使用しています。それは金属アレルギー対策も兼ねております。
◎cubic→「shippou」同様、レザーは「今あるもの」の中から探してきます。それらを型に合わせてカットし、芯材に包みます。レザーの厚みや硬さも違うので、普通であれば加工のしやすい様にレザーを削ったりするのですが、本来の味わいを表現したいので芯材を削る工夫をしています。

 

Q3. What made you interested in NY market?
    ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

I started having an interest for foreign markets since hearing from my Japanese friend who was living abroad. She said that some people talked to her and showed their interests when she wore our jewelry. I'd like to try the NY market and see how people react to our products. I thought NY would be the best place to try because of its diversity.

数年前から海外に住む日本人の友人が「nikoriの商品を着けていると凄く興味を持ってくれる方が多い」と言われた事があり、その頃から海外の市場に興味を持ち始めました。NYは世界中の人々が集まる場所であり、色々な考えや価値観の集まる場所でもあると思います。そういう場所で「nikori」の商品を見てどう興味を持ち、どう評価して頂けるのか、チャレンジしてみたいと思ったからです。

 

2.JPG

 

Q4. How does your jewelry bring out the best in women?
    どのような時にnikoriのジュエリーが女性の良さを引き出せたと感じますか?

When a woman finds the best piece for her personality and taste, our jewelry makes her face and atmosphere even more beautiful.

その方のイメージや好みにベストな商品を選び、それを着けていただいた時の表情、纏う雰囲気が変わった瞬間。

 

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

Thank you for your interest in Nikori! We're excited to display our Japanese craftmanship, delicate techniques, beauty, and affinity through Nikori. I hope our exhibition gives you "nikori" (meaning "smile" in Japanese) in your everyday life.

この度は「nikori」の商品に興味を持って頂き、ありがとうございます!「nikori」を通じて、少しでも日本の手仕事や技術の繊細さ、美しさを感じ、親しみを持って頂けると幸いです。そしてここにお立ち寄り頂けたことが何かのきっかけやヒントになり日常にnikori=smileが広がっていく事を期待します!

 

 

interview & text by Asaka Nakazato