ku8uri.png

Designer of KU8URI

Aya Kawai

http://ku8uri.theshop.jp/

 
 Aya Kawai, Designer of KU8URI

Aya Kawai, Designer of KU8URI

Q1. What is the reason that you decided to exhibit at the ARCADE JAPAN again?
    the ARCADE JAPANに再度参加することを決定した理由は何ですか?

To introduce 'KU8URI' to more people. Just like last time, I used Washi to make my products. Foreigners often ask what Washi is, and they are interested in how paper becomes material for clothes. Through 'KU8URI', I hope to introduce the Japanese traditional paper Washi, and to make them interested in the production background.

参加を続ける事によって多くの方に「KU8URI」を知ってもらいと思ったからです。今回も前回同様、和紙の生地で商品を作っています。海外の方からはまず、和紙と何かと問われる事が多く、またその上どのように紙が生地になるのか?と興味を持ってくださるお客様も多いです。「KU8URI」を通して日本の伝統的な和紙を知って頂き、その生産背景に興味を持って頂ければ嬉しく思います。

 

BRACK.jpg

Q2. What is the concept of your collection this time?
    今回のコレクションのコンセプトは何ですか?

To introduce my Washi Collcetion to more people, I added some color variations to the collection this time. I feel like people are still not familiar with Washi, even though it is Japanese traditional craft. I hope you will enjoy the Washi collection with more colors and the unique firm texture of Washi.

今回のコンセプトはwashicollectionを多くの方に知ってもらうために、前回のフィードバックから”色”を取り入れ、バリエーションを増やしました。和紙は日本の伝統工芸品ですが、まだまだ海外では認知度が低いように感じます。今回”色”を取り入れたことによって、前回とはまた違うwashicollectionを感じて頂ければ嬉しいです。和紙の生地が持つ、独特なハリ感を着ることによって楽しんでもらいたいです。                   

 

 

Q3. What part of your exhibit do you want the customers to pay most attention to?
       今回の展示物で、お客様に特に見てもらいたい部分は何ですか?

This time, in addition to the last collection, I made 3 new styles of blouse. Please try them on and enjoy the different silouette.

今回は、前回のデザインに加えて新作のトップスを3種類ご用意しております。前回とはまた違うシルエットのものもありますので、実際に試着して頂ければ嬉しいです。

 

GRAY.jpg

Q4. Please share your enthusiasm of your second exhibit at the ARCADE JAPAN.
    2度目の展示となる、今回の意気込みをお聞かせ下さい。

I would be more than happy if more people get to know more about Washi through my collection.

前回より、多くの方に日本が誇る伝統工芸品”和紙”の生地を知って頂き、
KU8URIを通してその良さを知って頂ければ大変嬉しいです。

 

 

 

interview & text by Yusuke Yamauchi