ku9uri.png

 

 

Designer og KU8URI

Aya Kawai

http://ku8uri.theshop.jp/

 
プロフィール写真.JPG

 

Q1. What made you decide to establish your own brand?
    ブランド設立のきっかけは何ですか?

 

"Contribution to Society". This is I goal through our brand.
I had been working in a mass-production industry, and I faced a lot of issues in today's world.
Pollution issue of dye, low-wage issue in Asia, health hazard by pesticide, etc...
In order to accomplish mass-production with low cost, a lot was sacrificed on the other side.
The harm is not on consumers who wear products, but on third party such as farmer and workers who are not treated under Fair-Trade.
Through KU8URI (pronouced as kusuri), I hope people will be more familiar with the production background and stories that lay behind manufacture.

「社会貢献」。これはブランドを通じて私たちが活動していく目標です。今迄大量生産の物作りに関わってきましたが、染料の汚染問題、アジアでの賃金問題、農薬による健康被害など、低コスト・大量生産のために様々な問題が起こっている事を知りました。問題の被害は着る側の人間(消費者)にではなく、第3者である農家の方やフェアトレードされていない労働者にあります。KU8URI(クスリ)のブランドを通じて、多くの方に生産背景を知ってもらい、物作りの背景にあるストーリーを知ってもらいたいという思いからブランドを立ち上げました。

 

img0385.jpg

 

Q2. Please describe your production process.
    商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

 

Usually, I don’t start from designing.
My first step is to go to various fabric stores and choose the right fabric.
This time, I decided to use Washi (traditional Japanese paper) for my products.
When deciding which fabric to use, I always try to choose fabrics that are as eco-friendly as possible.
Each fabric has its own characteristics, so I draw a design that fits the characteristics, draw a pattern, then make a toile.
Repeating making and fixing a toile leads to the complesion of a product.

基本的にデザイン画からではなく、色々な生地屋さんへ足を運び生地探しから始まります。今回は和紙の生地を使用しておりますが、できるだけ環境に優しい生地選びを心がけております。選んだ生地によって特性があるため、その特性にあったデザイン画をあげ、パターンを引き、トワルを組む作業になります。何度もトワルを組んでは修正という作業を繰り返し商品があがってきます。

 

 

Q3. What made you interested in NY market?
    ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

 

I was a student at a college in NY before, so I always longed to open an exhibition there.
Also, I feel that NY brands are mode, classic and simple, but also somewhat high-end.
Clothes of KU8URI are simple and more similar to NY market than Europe market, so I was really happy when I was offered to participate in the ARCADE JAPAN.

デザイナー自身がニューヨークのcollegeに通っていた事もあり、ニューヨークでいつか展示会ができるようにしたいという思いがありました。また、ニューヨークのファッション市場を見ても、モードでクラシックでシンプルだけれどもどこかデザイン性のあるNYブランドが多いように感じます。KU8URIの服もシンプルでどちらかというとヨーロッパ市場ではなくニューヨーク市場のデザイン性に近いイメージだったので、今回のお話を頂いたときは本当に嬉しくおもいました。

 

img0137.jpg

 

Q4. Which one is your favorite piece? And why?
    イチオシはどの商品ですか?又その理由は?

 

This time Washi is used in the clothes. Of all items, I recommend the pants whoes texture feel like cotton.
They stretch well and the waist is elastic, making it available for a wide range of people.
In the front, wide tuck is inserted. I personally worked very hard on the silhouette.
You can narrow the bottom adjust to your own preference.

今回は和紙の生地を使用していますが、その中でも一番綿の肌触りに近いパンツが一押しです。ストレッチも入っておりベルト部分もゴム使用ですので、幅広い方に履いて頂ける商品となっております。また、フロントに広めのタックも入っており、シルエットにこだわった1本になります。足首も絞ったり、ご自由に調節ができます。

 

 

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

 

This is my very first time to sell my products in NY.
I hope that this will give people opportunity to become familiar with the fabric that is composed of Washi, and to enjoy the unique characteristics - the smoothness, the lightness, the bounce and recilience that cotton does not have.

今回、初めてのNYで展開になりますが、日本古来からある独特な紙の製法によって作られた和紙による生地を知って頂き、和紙の特徴である、さらっとした感触や生地の軽さ、綿にはないハリやコシ感などを楽しんで頂ければと思います。

 

 

 

 

interview & text by Yusuke Yamauchi