kslogo.jpg
 

Designer of Keiichi Sato

Keiichi Sato

www.keiichisato.com

 
アガベ.JPG

Q1. What made you decide to start pottery?
 陶芸を始めたきっかけは何ですか?

I have never studied design and wasn't so interested in crafts before.
One day, I helped my friend's fashion brand as a T-shirts designer and thought it was interesting to make productions by myself. Since Pottery starts from scratch, I thought I could do it by myself. I started learning pottery when I was 33 which could be too late. Some people might think I was doing it as part of the hobby.

自分はデザインの勉強などしたことがなく、工芸もそこまで興味はなかったです。たまたま友達がやっているファッションブランドのTシャツのデザインを遊びで手伝ったのがきっかけで、自分で作ることが面白くなりました。陶芸は一から作るので、これなら自分だけでできると思いやりました。33歳で陶芸を習い始めました。陶芸を習い始めるには遅い年齢です。周囲からは趣味の一環でやっているのだろうと思われてたと思います。

サンスベリア.JPG

Q2. Please describe your production process.
 作品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

The process it the same as pottery. Kneading the cray, forming it on the wheel, sculpting, bisque firing, glazing, and firing again. It is a general process.

陶器を作る工程と同じで粘土をこねて、ろくろで成形して、余分な粘土を削り、軽く窯で焼いて、釉薬をかけてもう一度窯で焼きます。とても一般的な作業工程です。



Q3. What is the most important thing when you create your artwork?
 作品の製作過程で最も大切にしていることは何ですか?


I try unusual process and things some people might think it is waste on purpose. It often fails but sometimes I can find an interesting way.

陶芸では普段やらない作業などわざとやってみたり、無駄だと思われることを試しています。ほとんどは失敗するのですが、たまに面白い表現方法に出会ったりします。


サンスベリアバナナ.JPG

Q4. What made you interested in NY market?
  ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

I thought it will be interesting to send planters lather than plates or vases all the way to New York.
Thank you the ARCADE JAPAN for talking to me.

食器でもなく花器でもなく、植木鉢だけをわざわざニューヨークで販売するなんて面白いと思いました。声をかけていただいたthe ARCADE JAPANさんに感謝しています。

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

My planters are easy to use. I didn't glaze inside of them so they breath well. Also, it is comfortable for roots because soil are easy to dry there.
使いやすい植木鉢になっています。鉢の内側に釉薬をかけてないので通気性がよく、土が乾きやすいので根には快適です。

Interview & text by Moeka Nakamura