logo.png
 

Director of KAMIYA

Takuya Hirogari

kami-ya.net/

 
5R2A1053のコピー.jpg
5R2A1114のコピー.jpg

Q1. What made you decide to establish your own brand?
 ブランド設立のきっかけは何ですか?

We (Iwanaga and Hirogari) are from Hyogo, Japan and wanted to make new productions with Hyogo's traditional paper called sugihara paper. So we decided to establish our own brand.

兵庫県在住の岩永と廣狩が、兵庫県の伝統的工芸品である杉原紙を使って新しいプロダクトを生み出したいという想いから始まったブランドです。


349A1725のコピー.jpg
349A1732のコピー.jpg
349A1751のコピー.jpg

Q2. Please describe your production process.
 商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

First, boiling and dying with persimmon on varnish sugihara paper and then, sun drying. We repeat doing the process again and again manually.  
Next, starching. Finally, steaming and sun drying again and we could make Japanese paper dyed with persimmon varnish which is going to be a material for the bags. After that, we start sawing it.

兵庫県の伝統的工芸品である杉原紙に、湯煮と柿渋染などの塗と天日干しをひとつひとつ手作業で、交互に幾度も繰り返すします。
そこに糊を塗り、最後に蒸してから、もう一度天日で干します。これでようやく鞄の原料となる柿渋和紙の完成し、ここからそれぞれ縫製していきます。

Q3. Why do you focus on using paper?
 紙を使うことにこだわる理由は何ですか?

Although sugihara paper has history more than 1000 years, the paper making history was stopped about 100 years ago once due to the machine used paper making and the shortage of craftsmen. About 50 years ago, handmade paper making came back and people in the town try to keep doing it.
I want to show the greatness of Japanese traditional paper to people in new way as familiar thing.

1000年以上の歴史のある杉原紙ですが、今から約100年前に紙漉きの歴史が一度途絶えてしまいました。機械漉きや人手の不足がその理由です。50年ほど前に再び手漉きの紙漉きが再開し町を上げて杉原紙の存続に努めています。
その和紙を良さを、今までとは違う新しい見せ方で、現代の人々に身近な存在として伝えたいと考えています。


349A1869のコピー.jpg
349A1820のコピー.jpg
349A1881のコピー.jpg
349A1799のコピー.jpg
349A1903のコピー.jpg

Q4. What made you interested in NY market?
  ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

I wanted yo know how people in New York react to our productions. We would like to get the ideas to grew up not only as Japanese traditional paper maker and dying with persimmon maker but also as product maker.

感度の高いニューヨークの人々に私たちの商品がどのように見ていただけるかを知りたいと思ったからです。和紙・柿渋という要素だけでなく、プロダクトとして成長させていく為にどのように評価していただけるかを聞いてみたいと思います。


Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
  最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

It looks a like leather, you can use it for a long time and eco friendly. Also, it's old but a new material. The productions have a greatness of Japanese traditional paper and dying with persimmon. I hope you like it.

革のようなビジュアルでありながら、持続可能で環境に優しい、古くて新しい素材。日本の伝統工芸である和紙と柿渋の魅力が詰まったプロダクトを是非お手に取ってご覧ください。




Interview & text by Moeka Nakamura