logo.png
 

Designer of kagari yusuke

Yusuke Kagari

www.yusukekagari.com/

 
1のコピー.jpg
2010年2.5Dのコピー.jpg

Q1. What made you decide to establish your own brand?
 ブランド設立のきっかけは何ですか?

I established my brand when I graduated the fashion school. There wasn't any specific reasons. Since my father was a craftsman for Japanese traditional paper, it was normal for me to live to make something. I wasn't interested in getting into a company so I decided to establish my own brand.

服飾の専門学校を卒業したタイミングでブランドを始めました。
特別なきっかけは特になかったように思います。
父が和紙職人だった事も関係あると思うのですが、自分で物を作って売って生きていくのが普通の事なんだという感覚がずっとあります。学校も卒業したし就職にもピンとこないしブランドでも始めてみるか。ぐらいの軽いノリです。


asakusabashiのコピー.jpg
Used One yearのコピー.jpg

Q2. Please describe your production process.
 作品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

First, I cut off the large piece of the leather and apply thick putty on the surface. Then, I dry it for 2 weeks. After it dry, I cut it with the patterns each productions and start sewing. After that, I clean the stains got from the sewing process with ethanol and hide the stitches with patty. To hide stitches makes it  look like a sculpture. After the patty was dried, I apply varnish.
Although usually the productions will be finished at this point, I add some stain effect and digging processing for urban camouflage and crack carving.

まず革を大きめに切り出し、表面にパテを厚めに塗り2週間ほど乾かします。乾いたら作品毎のパターンに合わせて切り出し、縫製します。縫製で付いた汚れをエタノールで軽く洗浄し、縫製で出たステッチをパテで隠します。ステッチを隠す事でテクスチャに一体感が出て彫刻のような仕上がりになるんです。ステッチ隠しのパテが乾いたら仕上げのニスを塗ります。
通常の作品ならばここで完成ですが、都市型迷彩や亀裂彫りといったものはこの後にさらに汚し加工や掘り加工を施します。

Q3. What made you interested in NY market?
  ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

Not only in New York but I also interested in other counties market. But I haven't had any chances. I would be happy if it is going to be a great opportunity.

ニューヨークに限らず海外の市場には常に興味を持っています。でも今までなかなか縁が無かったです。
この機会にいい出会いがあれば嬉しいです。

DSC04185のコピー.jpg

Q4. What is the message you would like to deliver through the bags?
  バッグを通して表現したいことは何ですか?

They are inspired by city landscape. I want to express the greatness of the city.
My concept "walking with the wall" means to connect the city and you.

僕は都市の風景から強い影響を受けています。僕がバッグを通して表現したいのは、都市という一つの生命体が持つ魅力の在り方そのものです。「壁を持ち歩く」というコンセプトも都市とあなたを繋ぐ為にあります。


Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
  最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

Please enjoy your shopping :)
お買い物をゆっくり楽しんでください :)



Interview & text by Moeka Nakamura