honopottery.png

 

Designer of honopottery

Miho Toya

https://hono-pottery.jimdo.com/

 

 

 

Q1. What made you decide to establish your own brand?
    ブランド設立のきっかけは何ですか?

Since 2000, as a corsage brand 'ho*no', I was doing wholesale and public lecture. In the process, I felt that with ready-made materials, there is a limit to express my worldview. Then, I started to feel fascinated to ceramics, which I first met in my school days. "I would be so happy if  I draw the design out from my imagination and make into shape, and people wear it". Based on this thought, I started the brand 'honopottery' in 2012.

元々、2000年からコサージュブランド ho*no として、ショップへの卸、教室などの活動をしていました。その過程で、既製の生地を使って表現する事の限界を感じ、学生時代に出会った陶芸の方に魅力を感じる様になりました。
「自分の思い描いたモノを、一から形にし、身に着けて貰えたら、、」そんな想いをきっかけに、2012年 honopottery とし活動を開始しました。

 

 

2-min.png

 

Q2. Please describe your production process.
    商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

I first make the clay based on what I want to create. After finishing shaping and drying, I bake it in kiln with the temperature of about 1.472°F. When the bisque firing is done, I use different glazing on each piece, then move to actual firing with the temperature of about 2192°F.
The brass part like rings and bangles is finished with engraving.

作りたい物に合わせて、まず土作りをします。
そして、成形、乾燥を経て約800度の窯で素焼きします。
素焼きが終えると、一つ一つ下処理をし、それぞれに違う釉薬を掛け、
約1200度の窯で本焼きします。
リングやバングルなどの真鍮部分は、彫金をし制作しています。

 

 

Q3. What made you interested in NY market?
    ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

Since my product is Japanese ceramics, there have been lots of times when it attracted overseas people. When I was invited to participate in the ARCADE JAPAN, I wanted to introduce the possibilities of non-tableware Japanese ceramics in NY, where people from various cultures exist.

日本の陶という事もあり、海外からのお客様にも興味を持って見て頂けることが多く、
今回のお話を頂き、様々な文化が混在するニューヨークで、器だけではない日本の陶の可能性を、手に取り見て頂きたいと思いました。

 

 

1511997585.png

Q4. Which one is your favorite piece? And why?
    イチオシはどの商品ですか?又その理由は?

Fringe bangle of ceramic and brass. The ceramic top and thick brass bangle with hand-woven silk and cotton thread. It's unique, yet it gives you the impression of nostalgia and warmth of ceramic.

陶と真鍮のフリンジバングルです。
陶のトップスに、バングル部分の真鍮は太めにし手紡ぎのシルク糸やコットンを結わえています。
個性的だけど、どこか陶独特の落ち着きや、温かさを感じて頂けたらと思います。

 

 

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

In a studio located in Nara Prefecture, I make each products in kiln. Ceramic accesorries made by clay and hands that give you warmth. I make each of them with my wish that people hold on to them for a long time. Please take a look in person and feel the different textures that each ceramic has.

日本の奈良県にある工房にて、一つ一つ窯で焼き制作しています。
土と手で作る温かみのある陶アクセサリー、出会って頂いた後も「心地よく、永く」愛用して頂きたいと、思いを込め制作しています。
ぜひ手に取って、それぞれの陶の質感を感じてみて下さい。

 

 

 

 

interview & text by Yusuke Yamauchi