hirari_logo.png
 

Designer of hirari

Atsushi Hirayama

www.hira-ri.jp/

 
image4.JPG

Q1. What does your brand name mean?
 ブランド名の由来は何ですか?

In Japanese, hirari is written like "平利" . 平means peaceful and 利 means useful. I wanted to keep making the productions which are useful for everyone. That's why I named my brand "平利/hirari".
漢字で書くと「平利」と書くのですが、それぞれに「平:おだやか」に「利:やくだつ」と言う意味があり読んで地の如く「誰にでも使いやすい商品を作り続けたい」と言う想いを込めて「平利/hirari」と言うブランド名に致しました。


 Atsushi Hirayama, Designer

Atsushi Hirayama, Designer

Q2. Please describe your production process.
 商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

There are some points for my productions.
First, symmetrical design. The reason why is user friendly for everyone both right handed people and left handed people. (In Japan, many people are right handed so there are many productions and spaces useful for them.)
Next, action and appearance. I consider if the design fits with life. (If it is only about the appearance and not useful, It is not a perfect design.)
Finally, the design that hasn't been around until now. (I would be happy if the design impress you.)

製作を行うにあたっていくつかの要点を設けています。
先ずは左右対象である事。これは人の利き手に使い勝手が左右されないようにする(日本では統計的に右利きが多く、右利き用の商品・空間が溢れています。)
次に人の動作と佇まい。これはデザインがいかに暮らしに寄り添う事が出来ているかどうか。(見た目だけが先行し、使い勝手が悪いのではデザインが霞んでしまう為。)
そして最後に今までに無いデザインである事。(とにかく感動で喜んでもらえる事が何より嬉しいので。)

Q3. Why do you focus on using three colors?
  三色展開の理由は何ですか?

Originally, It was only natural and black. But more than half of my customers are women. The natural one is easy to find stains. Many men think it's good but some women don't. I also want to use them without stains and keep the beauty.
On the other hand, the black one is hard to find stains. But It noticed it could be too dark for Japanese skin color. So I added grey one.
In the future, I will think more colors which are associate with season or area.

元々はナチュラルとブラックの2色展開でした。
しかしお客さまの半数以上が女性と言う事もあり、ナチュラルは汚れが目立ち易く、男性のように「これも味だ」と言う訳にはなかなか行きません。
出来れば私も汚さずにキレイに使い続けたいと思う質(たち)です。
対してブラックは汚れも目立ちにくいのですが、お使いになる方の肌の色に対して重くなってしまう傾向がある事に気付き、日本人の肌に合い易いグレーを追加し3色展開を基本としております。
今後はシーズンや地域などを意識しながらのカラー展開をして行きたいと考えております。

image5.JPG

Q4. Could you tell us how to take care of leather productions?
   革製品の使い方について教えてください。

I use vegetable tanned leather for all the colors and dyed leather which took advantage of the material (for grey and black). You can enjoy the change year by year.

For natural (Himeji, Japan)
Before using it, you need to let it get sunburned for 2 weeks-1month until it turns to relish beige.
If it is very dry, please put some wax for the leather.
The wax could protect the leather from some stains and water.

For grey (Tuscany, Italy)
The grey was dyed with light color. So every time you use one, the brownish color will be added and the color will be changed to gureju. Also, it will be a great color and have a gloss while you are using.
If it is very dry, please put some wax for the leather same as for natural.

For black (Tuscany, Italy)
The black color won't change much but have more gloss later.
Please be careful not to put under the sun to avoid fading of the color.

3色ともベジタブルタンニン鞣しの革を使用しており、革の風合いを活かした染色仕上げ(グレー&ブラック)の革を使用しており、経年変化を楽しんで頂ける革となっておりおます。

ナチュラル(日本・姫路)・・・
お使い頂く前に2週間から1ヶ月程、赤みがかったベージュ色になるまで陽焼けさせる必要があります。
また乾燥が著しい場合、革用ワックスを塗布して下さい。
ワックスをご利用頂く事で、若干の汚れや水から革を守る事が出来ます。

グレー(イタリア・トスカーナ)・・・
明るい色で染め上げられたグレーはお使い頂く毎に地の茶色がプラスされグレージュの様な色味へと変化して参ります。また使い込む事で色・艶が増して参ります。
乾燥が著しい場合、ナチュラル同様にワックスをご利用下さい。

ブラック(イタリア・トスカーナ)・・・
こちらは色の変化はあまり起きませんが、艶が増して参ります。
またブラックを陽に当ててしまうと色褪せてしまうのでご注意下さい。

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

I'm Atsushi Hirayama from hirari. It's the second time for me to join the ARCADE JAPAN.
Please feel free to touch the productions and give me some advice about color, shape, functional beauty, and so on. Thank you.


前回に引き続き出展させて頂きますhirariの平山篤と申します。
実際に触れて頂き、色・形・機能美など、様々なご意見を頂けましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Interview & text by Moeka Nakamura