crazytextiles_ロゴ.png

Designer of crazy textiles

Sanae Naito

https://www.sanaenaito.com/

 
 
 Sanae Naito, Designer

Sanae Naito, Designer

Q1. What made you decide to establish your own brand?
    ブランド設立のきっかけは何ですか?

I used to teach dying to people. Many of my students eventually became creators. One day, I saw them enjoying making things, and I wanted to join them, so I established my brand. I think, if I can both teach and create, my work will be more convincing.

この仕事に携わり始めた頃は、染色を教える講師として、
たくさんのクリエイターを育ててきました。
ある時から、楽しそうにもの作りをしている彼らを見ていて
自分も輪の中に入りたくなってブランドを立ち上げました。
教えるだけでなく、作り手としての立場の両方が出来れば仕事への説得力が増すと思っています。

 

crazytextiles_2枚目.JPG
crazytextiles_プロフィール写真.JPG

Q2. Please describe your production process.
    商品はどのような工程を経て出来上がるのでしょうか?

Designing, carving, dying, and finishing. Sometimes I do everything by myself. Other times I cooperate with craftsmen. Over 10 craftsmen participate in the procedure to finish one tenugui (Japanese towel).

デザイン、型紙彫り、染色、仕上げ。
すべての工程を、私1人で作る時もあれば、伝統工芸の職人さんと共同で作る時もあります。
1枚の手ぬぐいが、完成するまでに10人以上の職人さんが関わっています。

 

Q3. What made you interested in NY market?
    ニューヨーク市場に興味を持った理由は何ですか?

Its Diversity. Our main product, tenugui, is often translated as 'Japanese towel', but originally it can be used more freely and adapt to one's lifestyle. Depending on how it is used, I think the culture of tenugui will develop. In that sense, New York is the best place to see it.

多様性の一言に尽きます。
私たちの主な製品である「手ぬぐい」は、「Japanese towel」と直訳されることが多いですが、
本来はもっと自由に使って頂けて、一人一人の生活スタイルに柔軟に馴染むことが出来るでしょう。どうカスタマイズされるかで、手ぬぐいの文化は発展していくと思うので、
その意味でNYはまさに最良の土地と言えるでしょう。

 

crazytextiles_3枚目.JPG

Q4. What potential do you see in the technique 'Chusen'?
    「注染」という伝統技術に、どういった可能性を見い出しますか?

Chusen' exists under very rational production process, so it isn't that easy to dye new materials or non-standard cloth. But I have a hope that it will expand to fashion industry, which it hasn'y yet. I believe that the inspiration you get when seeing beautiful cloth is universal.

「注染」は、とても合理的な作業工程の上に成り立っているので、
新しい素材や規格外の布を染めるのは容易なことではありません。
しかし、今後は未開拓の分野であるファッションへの展開を期待しています。
「注染」特有の色の表現、布の風合いは、本来日本の風土から生まれた美の感覚ですが、
美しい布を前にした時に湧き出てくるインスピレーションは、世界共通と信じています。

 

Q5. Lastly, please share some comments to customers at the ARCADE JAPAN.
   最後に、the ARCADE JAPANのお客様に一言お願いします。

Tenugui is a cloth that originated from Japanese culture and lifestyle. As a cloththat enriches your daily life, please use it however you like!

私たちがご紹介する「手ぬぐい」は、日本の風土や生活から生まれた布です。
日常生活を豊かで楽しくする布として、自由に使ってみてください!

 

 

 

 

 

interview & text by Yusuke Yamauchi